HOME>注目記事>どこにどんな書類を提出すれば良いのか等を知る
離婚届

何から始めてどうすれば良いのかを知る

被相続人が亡くなって相続が発生したが、相続財産よりも借金が多かったなどという場合に相続放棄という選択をする人も増加傾向にあります。そんな相続放棄の手続をする際にはいくつかの書類が必要になります。まずは被相続人と相続放棄をしたい人、つまり自身の戸籍謄本です。自身のものはすぐに手に入りますが、被相続人の戸籍謄本の入手に時間がかかってしまう可能性もあるので速やかに謄本を取得するようにしましょう。それに加えて被相続人の住民票もしくは戸籍の附表が必要です。そして相続放棄申述書、収入印紙800円分を揃えて原則必要な書類は集まります。ただ、場合によってはこれ以外にも書類が必要になる場合があるので、分からない事があれば司法書士等の専門家に相談するのも良いでしょう。そしてそれらの書類を管轄の家庭裁判所に提出し、それが受理されれば相続財産の放棄が認められます。

その際にどれくらいのお金がかかるのか

相続放棄の大まかな流れは先述のようになりますが、その間にどれくらいのお金が必要なのかという点が気になる人もいるのではないでしょうか。全て自身で行う場合には収入印紙800円分と書類等の郵送にかかる郵便料金、そして戸籍謄本を取得するための代金となります。ただ、相続放棄の手続は相続発生から3か月以内に行わなければならず、それらを自身で全て行う事が難しいというケースも多く見受けられます。そんな際に書類の取得や提出等を代行してくれるのが司法書士や弁護士です。一般的に司法書士に代行してもらう際の費用相場は、報酬や申述書作成代行費用等でおよそ3万円、弁護士に依頼する際にはおよそ5万円程度かかるとされています。また、相場より安いからといってすぐそこに依頼するのではなく、各所で評判等を確認してから選ぶという事も大切です。

広告募集中