HOME>ホットトピックス>会社の仕事として残業をしたのなら対価はもらって当たり前

代わりに請求してくれる

男性弁護士

会社における労働には対価が必要なので、働いたら働いた分だけ給料をもらう権利があるはずです。しかし、残業という名目で働かされた分の給料をきちんと支払ってくれない会社もあるでしょう。残業債の支払いをいくら掛け合っても、まったく話を聞いてくれずに困っている方もいるはずです。そのときは、京都にある残業代請求に強いと宣伝している弁護士事務所を探して、現状について相談してみましょう。会社から残業代を得られるかどうかの適切な判断をしてくれて、できそうな場合は仕事を依頼すれば、自身の代わりに請求を行ってくれます。

正しいほうが勝てるようになる

京都にある会社とこれから交渉しようとしているのなら、相手側に法律に詳しい方がいることを想定しなければいけません。もしも、こちら側に法律の知識がなければ、なにやら小難しいことをいわれて、よく分からないまま支払いを拒否されてしまうこともあるでしょう。そのような事態になりたくないのなら、弁護士という法律のスペシャリストを味方につけてから交渉を行いましょう。相手側とこちら側の両方に法律の知識があった場合、正しいほうが勝つため、残業代請求はきっと成功するはずです。

広告募集中